緩んだ理由と改善方法|膣のゆるみを改善したいなら先ずは性質を知ろう

膣のゆるみを改善したいなら先ずは性質を知ろう

女性

緩んだ理由と改善方法

女の人

自分でできる取り組み

膣にゆるみが生じると、尿漏れを起こしたり、ひどくなると子宮脱といった深刻な状況が起こってしまうこともあります。そんなことにならないためには、膣のゆるみを自分で何とかするエクササイズを始めるのがいいでしょう。エクササイズを始める目的は、深刻な状況にならないために、まだゆるみの状態が軽い時点で改善を図るためです。医療機関で手術を行って引き締めるという方法もありますが、エクササイズやトレーニングなら自分で簡単にできるというメリットがあります。自分で何とか改善するのだという意識を強く持つためにも、まずは自力でできるエクササイズかトレーニングの方法を学び、実践していくことが大事です。しかも、気づいた時点ですぐに始めるということも、非常に重要だと言えるでしょう。

なぜ起こるのか

膣のゆるみはなぜ起こるのかという特徴について知っておくと、より理解が深まります。女性のおなかの中は子宮や膀胱、腸などが前後に並んでいますが、その底を支えているのが骨盤底筋群と呼ばれる筋肉です。この骨盤底筋および腹筋の力が弱くなると、膣は緩んできてしまいます。底の部分を支える力が弱くなってしまうのが原因と考えると、緩んでしまうというのにも納得できます。幸いなことに骨盤底筋群にしても腹筋にしても、鍛えればまた強くなる筋肉であることが大きな特徴です。そのため、毎日のエクササイズやトレーニングを継続することにより、骨盤底筋群とともに腹筋を鍛えることが、膣のゆるみを自分自身で解消できる一番のポイントとなります。